FC2ブログ
初音ミクProject DIVA Arcadeなどの音ゲー、車関連について書くキロクしていくブログ
今月17日に、JRグループのダイヤ改正がありました。

だが、うちの地元のJR九州では、ダイヤ見直しという言い回しになっていました。
それは何故かと言いますと、これまでで最大規模の大減便になったからです。
全体で117本減らされ、新幹線やら需要がある福岡都市圏ですらも減便です。

ここまで削り倒された背景にあるのは、一昨年の10月にJR九州が株式上場を果たしたのがあります。
すなわち、お国の後ろ立てがなく一人立ちしたことを意味します。
その事自体は喜ばしいのであるが、一方で、株式を所有する人達の期待に応えていかねばなりません。
変な言い方ですが、株主に媚びた経営をしていくことが求められます。

鉄道事業は今なお赤字のままであり、これを黒字に持っていくことを目指してますが、いかんせん九州では需要が少ないのが実情です。
最近のうちもですが、車の需要が多いことに加え、西鉄を筆頭とするバス軍団の存在があります。
バス界の帝王と言っても過言ではないほど、九州中にきめ細やかな路線網を展開しており、長年支持されています。

そのような状態であれば、どうやって収益を得るのか?
JRとしての回答が、支出の削減です。

最近矢鱈と駅の無人化化が進んでいるのもそれです。
人件費の削減が目的です。
更に、座席のロングシートを推進しているのも、メンテナンスの費用削減があります。
製造コストが安いのも理由のようで。

そして極めつけが今回の大減便です!
走らせる本数を減らし、出費を抑えます。

博多駅近辺以外はダイヤが悲惨なことになっています。
門司港から小倉の間は、以前は10分に1本程度だったのが、30分に1本に。
二日市から先は、普通しか停まらない駅は1時間に2本と、西鉄甘木線並みです。
そして大牟田へは、昼間は乗り換えなしでは行けなくなりました。
特急有明も、博多行の1本のみという有り様で、とてもお出かけには使いがたいと言わざるを得ません。

そこでやっと本題ですが、ショッピングモールへJRへ行く際のアクセス状況について考えてみることに。
基本的にはイオンSCを載せていきます。


まずはイオンモール八幡東。
こちらはスペースワールド駅近くにあり利便性が高いが、ご存知の通り、駅名となったスペースワールドが昨年末で閉園したため、そのあおりで快速列車は通過となった。
その為、1時間あたり2~3本とやや不便となった。


次はイオンモール福津。
こちらは福間駅が最寄りとなっており、バス利用が必要となるが、本数はここまでは維持されているので、以前と変わりなし。


次はイオンモール直方。
ここへはバスでいくことになるが、福北ゆたか線はこのあたりで1時間2本と微妙である。
最も、代替路線はあるのでその点は影響は小さいか?


今度はイオンモール福岡。
こちらは香椎線の酒殿駅から歩いて行けるところにあるが、以前のダイヤで1時間に3本だったのが2本に削られちょっと不便に。
かたや、敷地内に乗り入れる西鉄バスは多数あり、ここで大きく差がついていく。
このあたりはかつて国鉄勝田線が通っていて、需要があるにも関わらず、不便にしたままにして廃止になったことがあっただけに、その轍を再び踏むことになるのだろうか?


次はイオンモール福岡伊都。
ここは筑肥線の九大学研都市駅の前にあり、とても便利である。
列車の本数も、筑前前原までは1時間4本確保しており、利便性は維持されている。


続いてイオンモール筑紫野。
この店舗は、天拝山駅の近くにあるが、1時間に3本だったのが2本に。
かたや、すぐ近くを並行している西鉄電車は、その4倍の本数を確保しており、全く話にならない。
最寄りの朝倉街道駅は急行も停まるので、こちらを使うべきでしょう。


最後はイオンモール大牟田。
ここはそもそも昼間の直通が消滅しており、劇的に不便になったが、こちらも西鉄電車が並行していて、普通と特急(料金不要)が2本ずつあり、選択肢が絞られるであろう。



一通り書いたが、完全に客よりも株主を向いた経営になっていると言わざるを得ない。
民間企業である以上、それはやむを得ないのかも知れないが、ただ露骨過ぎると感じた。
正直、うちだったら他の移動手段を使う事になると思う。
(というかなってるが)

交通弱者には厳しい内容になったが、そこを考えていただきたいものです。

思いっきり長めになったがこのあたりで。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:思うこと - ジャンル:その他

【2018/03/25 23:58】 | 鉄道
【タグ】 JR九州  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック