初音ミクProject DIVA Arcadeなどの音ゲー、車関連について書くキロクしていくブログ
今月14日からスタートした、NEXCO西日本管理の高速道路をETCを使って走ってみるという企画。
その第2回を本日実施した。

今回は以下の区間を新規に走行してみた。


走行日:2017年5月20日

走行道路:長崎自動車道

区間:2 東脊振(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町)
      ↓
   3 佐賀大和(佐賀県佐賀市)

走行距離:11.8km

累計走行距離:30.3km

所要時間:およそ10分

料金:410円290円(ETC休日割引)


今回は初めての長崎自動車道になりました。
佐賀方面に用事があったため、そのついでに使ったのだが、速達効果は完全に度外視してます。
そもそも高速道路に掛かる料金は、鉄道のように速達効果に対するものではなく、高速道路の設備を利用したことによる対価として徴収しております。

そのため、渋滞で所定の時間よりも大幅な超過しても、料金は戻りません。

一区間とはいえ走った目的は、途中にある金立(きんりゅう)SAに久しぶりに寄るためである。
久しぶりとなっているのは、以前バスなどで来たことがあるためです。

ここでもスタンプを押していきます。
ちなみにここのカウンターでは、前回購入したスタンプ帳が売り切れていました。
基山の時点で買ってて良かったです。

この道路ですが、前の九州道と違い、地面がコンクリートに仕上がっていました。
これは、何かの目的があってのことだろうか?
気になります。


ここで予告です。
次回も走行致します。
今度はもうちょっと延びると思います。
昨年の熊本地震で営業休止に追い込まれ、先頃営業再開したあのPAに立ち寄ることに。
どんな感じなのか?

ではまた。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ドライブ記 - ジャンル:車・バイク

【2017/05/20 21:00】 | 車・道路
【タグ】 長崎自動車道  NEXCO西日本  佐賀県  ETC    
トラックバック(0) |

Re: ETC使われましたか。
Leafa
urufuさん、コメントありがとうございます。

一見すると安価に見えますが、真面目な話、一般道で十分な距離です。
にもかかわらず使っているのは、SAPAのスタンプを集めることが目的です。

NEXCO西日本では、一定のエリア全てを集めると、認定証が発行されるサービスを行っております。
そのため、当面は九州地方の制覇を目指すことに。

東海北陸道が出てきましたが、そこでも1ヵ所だけ押したことがあります。
関SAで4年ほど前に押しました。
運営会社が中日本のため、デザインは異なっていました。
流石に中日本で同様の事は、住んでる地域からしたら難しいですな(-ω-;)

ETC使われましたか。
urufu
高速料金が安く見えますが、休日割引など上手く使っていらっしゃるんですね。
先日ETCの請求が来たんですが、目の玉がひっくり返るような金額でした(笑)
無駄遣いでしたね(-_-;)
そういえばSA、PAの存在を忘れてました。
次走る時は寄ってみます。
舗装がコンクリートなのは東海北陸道でも見られます。
走行音が大きくなるので居眠り対策かな?と思ってます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: ETC使われましたか。
urufuさん、コメントありがとうございます。

一見すると安価に見えますが、真面目な話、一般道で十分な距離です。
にもかかわらず使っているのは、SAPAのスタンプを集めることが目的です。

NEXCO西日本では、一定のエリア全てを集めると、認定証が発行されるサービスを行っております。
そのため、当面は九州地方の制覇を目指すことに。

東海北陸道が出てきましたが、そこでも1ヵ所だけ押したことがあります。
関SAで4年ほど前に押しました。
運営会社が中日本のため、デザインは異なっていました。
流石に中日本で同様の事は、住んでる地域からしたら難しいですな(-ω-;)
2017/05/20(Sat) 23:31 | URL  | Leafa #RThZ5Dv2[ 編集]
ETC使われましたか。
高速料金が安く見えますが、休日割引など上手く使っていらっしゃるんですね。
先日ETCの請求が来たんですが、目の玉がひっくり返るような金額でした(笑)
無駄遣いでしたね(-_-;)
そういえばSA、PAの存在を忘れてました。
次走る時は寄ってみます。
舗装がコンクリートなのは東海北陸道でも見られます。
走行音が大きくなるので居眠り対策かな?と思ってます。
2017/05/20(Sat) 22:13 | URL  | urufu #iydQorAY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック