初音ミクProject DIVA Arcadeなどの音ゲー、車関連について書くキロクしていくブログ
かな~り不定期に書く程度となった鉄道カテゴリであるが、久々に書きます。

先月の20日から運用を始めた、西鉄の9000形電車。
1ヶ月近く経とうというのに、未だに乗るどころが、実物すらお目にかけてない事態となっていたが、この度やっと乗ることが実現しました!

西鉄の最新型車両9000形

トップナンバーです

2006年に登場した3000形に続いてのステンレス製で、随分と印象が変わります。

こちらの車両は、1975年(昭和50年)から13年にわたって導入した5000形を置き換えるべく導入されました。

この時点では、2両編成と3両編成が2本ずつの計10両が入っており、少数派です。

そのため、運用を記したサイトを調べてから、狙ってみた。


乗った印象としては、オーソドックスな通勤車両という感じで、窓に背中を向けるロングシートです。

座り心地は、どちらかと言えば固いと言ったところである。
だが、先代(?)の5000形の改造車みたいな中途半端な固さではなく、ほどよいフィット感があります。
3000形並みと言った方がいいかな?
少なくとも、並行するJRのアレよりは圧倒的にマシです!

あと、左右の幅が心持ち広くなったように見受けられます。
以前は、定員きっちり座ると密着するような感触がありましたが、ゆとりが出来ました。

ドア上の方を見ると、ディスプレイを二つ設置しています。
JR九州の305系と同様のもので、広告と停車駅の案内が表示されます。
ちなみに、ドアチャイムは既存の車両と同じものでした。

この車両にも引き戸が付いています。
元来、西鉄電車にはそうしたものはなく、ひとつ前の3000形から付くようになりました。
9000形では、ガラスを多様したものに替わり、開放感を持たせてます。
福岡市営地下鉄七隈線と似た感じです。
更に、模様を施していて、川の流れをイメージしたものになっています。
これは床にも同じような模様を施し、沿線で流れる川を表したものか?
(那珂川、筑後川、矢部川)

色々と書いたが、個人的には中々いいと思います。
ロングシートという理由だけで嫌悪する人もたまにいるようだが、利用客の多いラッシュ時は、威力を発揮します。
混雑を緩和させるのもサービスのひとつですから。
といっても、5両編成になってたが…

最後に行き先の画像を貼っておきます。

太宰府行き急行

小郡行き急行

花畑行き急行
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

【2017/04/24 00:28】 | 鉄道
【タグ】 西鉄  天神大牟田線  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック