初音ミクProject DIVA Arcadeなどの音ゲー、車関連について書くキロクしていくブログ
前日に続いての掲載です。
今日は、三国ヶ丘駅を出発してから、その後についてです。

前回の記事はこちら♪
初音ミクと行く西日本300kmの旅・前編



1時間半ほどの滞在の後、来た道を戻り、再び三国ヶ丘駅に着く。

13:16 三国ヶ丘駅出発
天王寺行きの快速に乗る。
途中駅から乗るので、既に客が大勢乗っていて、立つ羽目となる。

陸上競技が盛んに行われる、長居スタジアムを過ぎ、高架橋を走る。
高架橋が見えてきた。
徐々に大阪の中心に近づきつつある。

13:27 天王寺駅到着
天王寺駅名標
階段を上がり、大阪環状線のりばへと進む。

13:33 天王寺駅出発
大阪方面行きの快速に乗る。

途中、新今宮あたりで、浪速のシンボル通天閣が見えてくる。

大正駅付近では、大阪ドームが見えた。
京セラドーム大阪とも呼ばれる。

西九条駅に着くと、USJからの列車が乗り入れてくる。
こちらの列車に乗り換える客もいた。
それらの人々を加えて、キタと呼ばれる大阪梅田に向かう。

13:46 大阪駅到着
大阪駅名標
ここからは、おまちかね(?)の新快速に乗る。
地下道をくぐり、JR神戸線のりばに移動する。

新快速は、関西では大人気の列車なのか、主要駅では長蛇の列ができることもしばしば。
中には、確実に座るために、目の前の列車を見送り、1本後のに乗るために並ぶ猛者もいるとか。

新快速・播州赤穂行き
10分ほどして、新快速がやってくる。
多くの人が乗っていたが、大阪ということもあり、降りる人も多かった。

14:00 大阪駅出発

まずは淀川を通過し、列車は速度を上げていく。
新快速と呼ばれているが、関西では特急とほぼ同等の扱いで、この付近には線路が4本あり、うち2本が速い電車(特急・新快速)用になっている。
だが、特急はたまにしか走らないので、実質新快速専用線といっても過言ではない。

神崎川
神崎川を過ぎると、大阪府から兵庫県となる。

尼崎、芦屋と停車していき、新快速は西へと進む。

神戸にやってきた
神戸の街並みが見えたところで、三ノ宮駅に着いた。
ここで新たに乗り込む客もいて、混雑が激しくなる。

そういえば、何かの歌で「思い出の神戸の街」ってのがあったが、この旅で素通りしているのに、思い出なんてあったのやら?
なんて思っているうちに新快速は、神戸駅を過ぎた。

須磨?塩屋間の海岸

しばらく続きます。
須磨駅を過ぎたあたりから、海岸沿いを走っていく。
平地や山間部を走ることが多い新快速において、数少ない光景だ。

明石海峡大橋
ほどなくして、明石海峡大橋が見える。
四国方面に向かう重要な路線になっている。

西明石を過ぎると、徐々に田園風景となる。
大阪や神戸から遠ざかっていることを実感する。
のどかな風景です。

そして、新快速は西のターミナル姫路に着いた。
ここからは全ての駅に停まっていく。

姫路を出た後は、播磨平野を渡り、車両基地のある網干(あぼし)を通り過ぎる。
網干総合車両所
しばらくして、山あいの風景にかわりつつあるところで、乗換駅の相生に着く。
相生駅名標
15:25 相生駅到着
ここで、岡山方面に向かう普通に乗り換える。
この時期は、青春18きっぷが使えることもあり、混雑が新快速以上に激しい。
新快速からの客も大分乗り込んできた。

乗り換えが終わると同時に、新快速・岡山方面共、発車する。

かなり険しい区間です。
この区間に入ると、兵庫県・岡山県境を跨ぐので、山間部の中でも際どいところを走っているかなりローカルな区間である。
そこをひたすら1時間かけて、岡山を目指す。

16:31 岡山駅到着
岡山駅名標
ようやく岡山に着いた。
ここで、最後の乗換えとなる。
降りたホームの反対側で待つことにする。

普通・備中高梁(びっちゅうたかはし)行き
しばらくして、やってきた。

16:38 岡山駅出発
岡山?倉敷間の風景
岡山から倉敷にかけては、平坦な道のりを走る。

伯備線に入ります。
倉敷からは、伯備(はくび)線に入り、平坦な区間とともに、川沿いを走る。
終点は、あとひとつである。


駅名が書かれている。

駅舎

17:04 ゴールの清音駅に到着した!
初島駅を出てからおよそ8時間半、ついにたどり着いたのである。
到着しました♪


この駅の名は、元々あった村の名前から名づけられたということです。
吊り下げ式駅名標
つい最近行われた、平成の大合併によって、2005年に総社市となりました。
地表式駅名標
縦長式駅名表
清らかな音と書いて、「清音」と読むところは、いかにもミクらしいネームですね。
到着記念に撮影っと♪
(実際、初島駅できっぷを買った際、駅員はこの駅をそういう風に読んでいた)



☆あとがき☆
前編・後編に渡る長丁場、ご覧いただき、ありがとうございます。
この日の企画を思いついたのは、前回の常磐線の旅あたりから考えていました。
しかも、今年は当日が日曜日ということもあり、是非とも行うべきだ!ということで、実行した次第です。
今回の旅行ですが、この少し前に北海道への夏の鉄道旅行があり、それから僅か一週間での開催です。
前回同様、旅費が結構かかりました。
もうおそらく、こんな無茶はできないと思いますが、もしかしたらまた行うかも?

それでは、時間の方がやってきたようなので、このへんで。
さようなら?♪


関連記事
初音ミクと行く常磐線の旅

はちゅねミクとかぐぁみねリン・レンの旅?はつかがみ?
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:オリジナルな旅 - ジャンル:旅行

【2008/09/22 20:39】 | 初音ミク
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック