初音ミクProject DIVA Arcadeなどの音ゲー、車関連について書くキロクしていくブログ
さて、1か月ぶりとなる全国の道の駅をめぐる企画。
今回はこちらにやって来た。

案内板

鳥取県東伯郡北栄町にある、道の駅大栄です。

道の駅大栄

国道9号線沿いにあって、元々の町の名前が名称となっている。

コナン君の像も

ここですが、全国に一千以上存在する道の駅の中で、最初に登録された道の駅であります。
といっても、最初の登録数は100余りあって、それらと共に第一号という形になります。

良く見てみると、名探偵コナンに登場する、江戸川コナンの像もある。
これは、ここ北栄町が作者の青山剛昌先生の出身地だからであります。

青山剛昌記念館

この道の駅の南側に、以前由良駅の回で載せた、青山剛昌記念館があります。


この北栄町は、スイカの生産が盛んなこともあって、それらの販売に力を入れています。
どちらかといえば、梨のイメージがあるだけに意外です。

ちょっとした休憩スペースもあり、周辺の名所などを載せた案内も充実していた。

ここにもスタンプがあったので、押していくことに。

道の駅スタンプ


関連記事
由良駅(同じ町内にある鉄道駅)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2015/09/20 23:55】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  鳥取県  北栄町  名探偵コナン  江戸川コナン  
トラックバック(0) |
前回の記事で、山口県萩市を訪れ、初音ミクProject DIVA Arcade設置店を訪れましたが、今回は市内の名所をめぐるということで、そのうちの一つを掲載です。

久しぶりの道の駅を載せてみます。

東萩駅から北へ進んだところにある、道の駅萩しーまーとにやってきた。

道の駅萩しーまーと  案内板

市の中心部と、松陰神社の通りが分岐する箇所にある。

名称が表すように、海産物を取り扱っているようだ。

萩といえば、夏みかんのイメージがあります。
もちろんそれも充実しているが、それ以上に海の幸が多いです。

他には、著名な観光地ということもあって、幕末から明治にかけて活躍した偉人をモデルにした菓子類が多く取りそろえている。

どれを買ってみようか色々と迷ってしまう。

結果、これにしてみた。

夏みかんゼリー

夏みかん味のゼリーである。
やっぱり、萩にちなんでこれでしょうかね?
流石にお魚はムリがあるかも??

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2015/08/17 23:09】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  山口県  萩市  
トラックバック(0) |
時折めぐっている各地の道の駅。
久々に新たな所を訪れたので、載せることに。
今回は佐賀県です。

案内板

佐賀市にある道の駅大和にやってきた。

国道263号線と嘉瀬川に沿った所にあって、元々の町の名前(佐賀郡大和町)が名称となっています。

実を言いますと、ここは以前一度訪れたことがあります。
それこそ、旧大和町時代になりますが、あんまり覚えてない状態であり、この度、現自治体に変わってから改めて訪れることにした。
今回訪問したところが、初めて県庁所在地市にある道の駅となった。
最も合併した結果、そうなっただけでしょうけど。

道の駅大和  モニュメント

この日は休日だったこともあって、相当賑いを見せていた。
いくつかめぐってきたが、これほどのところはなかった。
佐賀大和ICに近いのもあるのではないかなと。


店内入ると、ここも沢山の人で賑っている。
地域で獲れた農産物をはじめ、お米とかもある。
他には、佐賀の特産品である、海苔とかもあった。

あとは、地元のテレビ局であるサガテレビのマスコットのミランバくんグッズがあった。
佐賀出身のイラストレーターである、ナカムラミツル氏(326)デザインのクリアファイルやポストカードも見かけた。

かなり地域に根付いているなーという感じです。

道の駅スタンプ

ただ、初期の頃に造られた道の駅なのか、余所ではよく見かける食事処などがありませんでした。
その代わり、離れには軽めのものを買うことが出来るお店があった。

焼きたてのパンや、ソフトクリームを買うことが出来る。
これらを買ってみることに。

みんなに人気のメロンパン
メロンパンをひとつ。
店員いわく、一番のおすすめだとか。

梨風味のソフトクリーム
こちら、一見すると普通のソフトクリームのようだが、梨味となっている。
一口含むと、梨の風味が漂います。
何ていうか、プシャーッ!って感じです。


さて、近辺もちらりと見てみます。

国道263号の標識

国道を歩くと、こんなのを目にした。

ここにもまほろちゃんが
巨石パークなる公園があった。
ここにもさりげなくまほろちゃんがいます。
時間があったら見てみたかったが、そうはいかなかったので見送り。

この後は、市の中心部へ戻ります。
では例の如くあのフォーマットを。


所在地:佐賀県佐賀市大和町梅野

訪問日:2015年2月11日

所属路線:国道263号線


【該当する艦娘】



関連記事
艦隊これくしょん~艦これ~に登場する艦娘たちのエトセトラ

大和駅(茨城県)

道の駅不知火(熊本にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅日向(宮崎にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅霧島(鹿児島にある艦娘と同名の道の駅)

関連リンク
道の駅 大和 そよかぜ館 まほろばの里 [佐賀県大和町]

「艦隊これくしょん~艦これ~」 DMMオンラインゲーム公式ページ

艦これ改(PS Vita版ページ)

アニメ 「艦隊これくしょん-艦これ-」 公式サイト

大和(艦これ)とは(ヤマトとは)-ニコニコ大百科 

大和(艦隊これくしょん)(やまと)とは【ピクシブ百科事典】

まほろちゃんとは(マホロチャンとは)-ニコニコ大百科 

大和まほろ(やまとまほろ)とは【ピクシブ百科事典】

FC2blog テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

【2015/02/25 23:41】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  佐賀県  佐賀市  大和  艦これ  まほろちゃん  
トラックバック(0) |
ここしばらくは、宮崎ネタが続いていますが、まだいくつかあるのでしばしお付き合いの程を。

今日は、宮崎県内の道の駅を訪れたので書くことに。

案内板
今回は、日向市にある道の駅日向にやってきた。

道の駅日向
宮崎県の旧国名であり、かつ市の名前にもなっている。
ちなみに、宮崎の道の駅はここが初めてとなる。

ここですが、JR日豊本線の美々津駅と南日向駅のほぼ真ん中にあって、完全に車での訪問が前提となっている。
そんな中、数少ない路線バスがあったので、何とか来れたという感じである。
日向サンパーク入口バス停   拡大

まずは、食事の方をとることに。
それから買い物へと。


こちらも、地元産の野菜や果物にその他諸々が並んでいた。

その中でも、どちらかといえばスイーツが充実している。
特に宮崎の特産品であるマンゴーを使ったものが多い。

最も、前知事が大々的にPRしていましたから、全国的に知名度が上がっています。

そんな中でこれらを買ってみることに。

マンゴーを使ったジュース
まずはマンゴー。
宮崎の特産品ですからこれは外せません。
といっても、実際のを買うと結構な額になりますので(汗)

続いてはこちら。
夕月と名のつく菓子があった
スイーツを扱ったコーナーの一角に『夕月』という名の菓子があった。
これは、地元の菓子店が製造したもので、栗を使った品のようである。
ネームからして、某軍艦擬人化ゲーの名前に使われていそうだが、今の所はこの名前については該当が無いようだ。

今度はこちら。
はつねと名のつく菓子も
この名前を見た時点でピーンと来ました★
どちらかといえば、金沢の銘菓であるが、何故か宮崎でも発売していた。
しかしこれがなぜ『はつね』なのかは定かではありません。

道の駅スタンプ

ちなみに熊本の時同様、道の駅の名前が載ったキーホルダーがありました。
こちらは、宮崎県のゆるキャラである「みやざき犬(けん)」になっていました。
ただ、あっちと違って、それほど興味が向かなかったのもあり、見送ることに。

日向サンパーク温泉
ここには、物産店の他に温泉があります。
てか、道の駅とセットになっていることが多いですね。
ちょっと離れてはいるようですが。

日向灘
さて、そろそろ帰ることにしましょう。
といっても、帰りはバスがしばらく来ない状態ですので、駅まで歩くしかありません。
ここから美々津・南日向いずれも3km余りの距離なので、4、50分くらいでしょうか。
行く時は美々津駅から来たので、今度は南日向駅を目指します。

と、今回も例のやつを載せておきます。


所在地:宮崎県日向市幸脇

訪問日:2014年8月31日

所属路線:国道10号線


【該当する艦娘】



関連記事
艦隊これくしょん~艦これ~に登場する艦娘たちのエトセトラ

道の駅やよい(同じ国道10号線にある道の駅)

道の駅大和(佐賀にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅不知火(熊本にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅霧島(鹿児島にある艦娘と同名の道の駅)

関連リンク
「艦隊これくしょん~艦これ~」 DMMオンラインゲーム公式ページ

艦これ改(PS Vita版ページ)

アニメ 「艦隊これくしょん-艦これ-」 公式サイト

日向(艦これ)とは(ヒュウガとは)-ニコニコ大百科 

日向(艦隊これくしょん)(ひゅうが)とは【ピクシブ百科事典】

FC2blog テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

【2014/09/15 23:52】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  宮崎県  日向市  日向  艦これ  
トラックバック(0) |
このブログにおいて、滅多に記事にしなくなってしまった道の駅をめぐる企画。

今回、久々に新たな所を訪れたので、書いてみることに。
よく見ると”しらぬひ”になってる
やって来たのは、熊本県宇城(うき)市にある、道の駅不知火です。

宇土半島の南部にあり、道の駅の南側に広がる海域である不知火海からと、元々の町の名前である宇土郡不知火町からこの名が来ています。

不知火海  案内板

なお、字的にはしらぬではなく、しらぬらしいです。
食事処がある  「しらぬひ」と書かれている

こちらも、道の駅やよい同様、温泉があります。
不知火温泉

道の駅不知火  デコポンのオブジェが
ちょっと買い物をしてみる。

地元の名産品である、柑橘類(デコポンともいう)をはじめ、海の幸や野菜なども取り扱っている。

あと、熊本という地域柄か、くまモングッズが充実しています。
流石、本場は違いますな。

個人的には、くまモンリュックに目が留まってしまったが、色々考えた結果、見送ってしまう(>_<)

こういった品をお買い上げです。
矢張り、この地域ならではの品で固める。

まずは柑橘類を。
見た感じ、酸っぱそうな気もするが、よく近づけてみると、甘い香りがします。
熊本といえばやっぱりこれ!


続いては、その柑橘類をイメージしたサイダー
JA熊本市による生産で、「わくわく都市くまもと」の文字があります。
デコポンサイダー


そしてもう一つは、キーホルダー
各道の駅において、この手のものがありますが、熊本という事で、やっぱりくまモンが付いたのがいいですね。
って、よく見ると、こちらは「しらぬ」になってますね。
ちょっと落ち度があるような…
くまモンが付いてます


道の駅スタンプ

さて、買い物した所で、今回はまた別な個所を訪れてみます。

国道沿いを歩いてみる。
国道の標識

15分ほどしたところにあった。
神社入口

永尾(えいのお)神社なるところで、この神社から不知火海を眺めることが出来ます。
永尾神社  神社から不知火海が見える

旧暦の8月1日の未明に、海上に火が灯るように見え、それが主知らずの怪火として呼ばれて、不知火と名がつくようになった。
一種の陽炎みたいな現象であります。
火の国と呼ばれる熊本ならではの光景です。

2014年は、8月24日と25日がそれらをお目にかけられる日に当たるようです。

それってどんなものなんでしょうか?
気になる様なそうでない様な…


とまあ、色々とみてきたが、さて次を目指しましょう。
今回は、例のフォーマットを落ち度なく用意しておきます。


所在地:熊本県宇城市不知火町永尾

訪問日:2014年5月11日

所属路線:国道266号線


【該当する艦娘】




えれくとりっく・えんじぇぅにのせて、ぬいぬいが踊ります。
てか、これ歌ってる人って…


関連記事
艦隊これくしょん~艦これ~に登場する艦娘たちのエトセトラ

艦娘たちの名前めぐり 不知火(福岡県大牟田市にある地名)

道の駅霧島(鹿児島にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅日向(宮崎にある艦娘と同名の道の駅)

道の駅大和(佐賀にある艦娘と同名の道の駅)

◆同じ宇城市内にある艦娘たちのエトセトラ
暁バス停(旧豊野町にあります)

関連リンク
「艦隊これくしょん~艦これ~」 DMMオンラインゲーム公式ページ

艦これ改(PS Vita版ページ)

アニメ 「艦隊これくしょん-艦これ-」 公式サイト

不知火(艦これ)とは(シラヌイとは)-ニコニコ大百科 

不知火(艦隊これくしょん)(しらぬい)とは【ピクシブ百科事典】

FC2blog テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

【2014/05/16 23:42】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  熊本県  宇城市  不知火    艦これ  
トラックバック(0) |
このカテゴリは、完全に不定期な企画となっているが、最近(?)新たな個所を訪れたので載せることに。

道の駅おおの

今回は、大分県豊後大野市にある道の駅おおのにやってきた

タイトル名が鉄道駅同様の括弧書きになっているが、これは同名の道の駅が岩手県にもあるためです。
全国でもあまり例がないです。

案内板
他の道の駅ではよく目にする案内板ですが、こちらではこのような縦長のものだけが設置されているのみであります。


中に入ると、地元の様々な特産品が目白押しです。
茶の葉とかもあって、それで作られたであろうペットボトル入りの茶もあった。
それらをはじめ、いくつか目ぼしいものを買ってみる。

ちょっとひとやすみ   お昼はこちらで

あと、時間がら食事の方もとることに。
奥の方に御座敷があったので、そちらに座ってみる。
やっぱり畳はいいですね。

ちなみに、メニューは冷やしうどんにしてみた。
氷が入っていて、この暑い時期にはいいです。

道の駅スタンプ
スタンプの方も押してみたが、飛行機のイラストが載っている。
これは、市内にある大分県央飛行場が元となっている。
ちなみに、一般の旅客機は発着していないようです。

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2013/08/25 23:57】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  大分県  豊後大野市  
トラックバック(0) |
前の掲載からまたしても1年余り間が空きましたが、久々の掲載です。

道の駅原鶴   案内板
以前掲載した浜川バス停の少し手前にある、道の駅原鶴に行ってみた。

原鶴といえば、近くに温泉がありますが、足湯的なものはなかったです。

杷木なだけに
その代わり、このあたりの名産品である柿の販売にやたらと力を入れていました。
箱詰めになった物を始め、加工した品物などもありました。


国道沿いには何故かかかしの大群が
あと、気になったものとして、様々なかかしが大勢飾ってありました。
こちらは、道路を挟んだ向こう側にあった。
ここで載せているのは、ほんの一部ですが、実際はもっとあります。
コンテストというわけではないが、ちょっと異様な気がした。
だが、全国津々浦々見たら、驚くようなデザインもあるようですしね。

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2013/01/04 23:57】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  福岡県  
トラックバック(0) |
大分、この手のネタを掲載してこなかったですが、1年ぶりに登場です。

前回掲載の豊前松江駅から歩いてやってきました。
豊前松江駅交差点

県道をしばらく進みます。

舟入バス停交差点
交差点名にバス停の文字が入った所にやってきました。
時々この手のやつは目にします。
ちなみに「せんにゅう」と読みます。

舟入バス停
肝心なバス停はこんな感じです。
ここはかつて、西鉄バスが通っていて、行橋と中津を結んでいたが、並行する鉄道に食われてしまい、10年程前に無くなってしまいました。
現在は、豊前市が運営するバスの停留所として使われています。

ここを更に越えて進むと。
道の駅案内板
目的地が見えます。
時間にして15分くらいでしょうか。

道の駅豊前おこしかけ     道の駅名称部分

福岡県の道の駅としては、3つ目になります。
最も、他にも訪れた所もあると思われるが・・・

国道10号線
すぐ横は、国道10号が通り、椎田道路と呼ばれる有料道路につながっています。



そばめしを
屋台村と呼ばれる所で、お昼を食べることに。

から揚げも
大分ではおなじみのから揚げも食べてみた。
福岡県でもこのあたりは、その手の店が多くある。
普段食べるようなごてごてしさはなく、あっさりとしていた。
奥が深いです。


物販スペースも見てみた。
地元で生産された物を中心に多くの物を取りそろえている。
ここは、大分県に近いこともあるのか、かぼすに梨などの品も充実している。

そんな中、このようなものを目にした。

道の駅弁なるものも
道の駅弁なるものだ。
鉄道駅などではよく見かけるのだが、道の駅でこういうのは初めてである。
後で食べるために一つ買っておく。

(ちなみに上の画像は、白いかもめ(ソニック)に乗った時に撮ったものです)


更にはこういったのも。
福島県産品も
缶入りの飲料ですが、下には福島県産の文字が。
最近、震災による原発事故の影響で、福島県産が敬遠されています。
この前も福岡県内で物産展を開こうとしたら、根拠のない批判を受けて中止に追い込まれたなんて話もありました。

正直情けない話です。
福島県=汚染されているという図式みたいで、全体を除け者にしているとしか思えません。

ちなみに上記の品は、福島県の石川町と玉川村で生産されたもので、中通りの水郡(すいぐん)線(水戸~郡山)の沿線にあり、福島第一原発からは60kmの福島空港の辺りみたいです。

被災地の道の駅の現状を紹介した写真と共に、いくつかの品がありました。

どうこう言われていようがワタクシは何も気にしていません。
むしろ目にしたので優先的にお買い求めです。


と、色々書きましたが、東北6県の中では一番多く訪れている県であり、それに3月11日生まれのワタクシとしては、やっぱり気になりますね。

って、何か本来の記事とは離れていってますが、道の駅の話です。

最後に一つこんな画像を。
豊前市のマスコット
こちらは、豊前市のマスコットで、カラス天狗の「くぼてん」(右)と「きょうこ」(左)です。
このあたりは、カラス天狗の伝説があり、それにちなんだ名所などがあります。
あと、前回掲載した豊前松江駅の駅名標のイラストも、カラス天狗のくぼてんが載っています。

まあ、こちらに来た方はあちらを連想されるかもしれませんが・・・

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2011/10/13 22:13】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  九州  福岡県  豊前市    
トラックバック(0) |
少し前に、吉野ヶ里公園駅を掲載しましたが、そこからバスに乗り、道の駅吉野ヶ里に行くことに。

吉野ヶ里公園駅北口バス停
町の中心から、少しづつ山道へと姿を変え、小刻みに町の施設を通りながら、およそ30分かけて、道の駅に到着です。
道の駅吉野ヶ里

道の駅看板     国道385号にある案内板

ここですが、福岡方面へと向かう有料道路の途中にあり、カーブの続く険しい所にあります。
そのため、自動車利用者に特化した面もあり、自動車利用でないものは、これまでここに来ることは、非常に難しいものでした。

ところが、吉野ヶ里町が運行しているコミュニティバスがここに立ち寄るようになったため、自動車でなくても来ることが出来るようになりました。
吉野ヶ里町コミュニティバス「さくら号」

さざんか千坊館(道の駅吉野ヶ里)バス停     さざんか千坊館バス停の時刻表
しかしながら、この道の駅には平日の一日一往復のみやってくるので、完全にその便を狙わないといけません。
無論、休日は運休です。(訪問当時のことです)


バスが発車するまでの間、買い物とかしてみました。
脊振高原牛乳
一見すると、どこにでもありがちなものですが、一般的に発売されているものと比べたら、コクがあって飲みやすいです。


道の駅内で販売されているメロンパン
こちらは、「せふりの」という名のパン店で売っていたもので、カリカリモフモフはもちろんのこと、手作りならではの味わいがあります。
この店はかつて、町内の別の所で営業していたのだが、ダム建設の影響で移転してここに来たということです。


外の方も見てみます。
道の駅から吉野ヶ里公園駅方面を見てみる
すっごい眺めが良いです。
その分、ここまでの道のりがいかに険しかったかがうかがい知れます。

雲の上を通ります
町の中心に向かう通りも見てみました。
雲が下の方に見えています。
航空機以外で雲を下に目にしたことは、余りないですね。

さて、時間が迫って来たので、またバスに戻ることにします。


この道の駅吉野ヶ里へのバス便ですが、吉野ヶ里公園駅北口を午前9時23分、11時44分に出発し、さざんか千坊館(道の駅)に9時57分、12時18分に到着します。
そして帰りは上記の到着時間に加え、14時33分の出発です(2011年6月現在)
ちなみに、土休日は運休です。

そのため、買い物はもちろん、食事を楽しむこともできます。

なお、訪問の際は、改めてバス時刻表を確認することをお勧めします。


※2013年4月以降は、バスで直接訪問することが出来なくなりました。
松坂橋バス停から歩いていく形になりますが、3km余りある上、高低差のある道が続くので、通行の際はご注意を。

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2010/08/27 23:36】 | 道の駅
【タグ】 道の駅  吉野ヶ里町    バス  
トラックバック(0) |
昨日掲載したとほぬけが終わった後に、近くにある道の駅小石原に行きました。

道の駅小石原外観     例のごとく看板を
福岡県では香春に続いて、2つ目の訪問です。
のぼり     看板その2
ここに着いた時点では、既に昼過ぎだったので、ここで食事をすることにします。
麺類を食べてみました
何を食べるか考えていたところ、何やら温かい素麺があったので、それにすることに。
ちなみに、料理に使われている食器は、全て小石原焼を使っているようです。
焼き物の産地ならではですね。


食べたところで、物産店の方も見てみます。

矢張り、焼き物の村ということもあり、その手の物が充実しています。
数百円程度の箸置きや、万単位もする高価な壺みたいなのもあり、充実した品ぞろえです。

他にも、地元の野菜や果物をはじめとしたいろんな食べ物もそろっています。
こういう山間部の村では貴重な買い物どころでもあります。

そんな中で、いくつか買ってみることに。
小さなメロンパン
地元の方お手製のやつです。
小さいので、プチシューみたく気軽に食べられます。

くるみが入ったクッキー
さらにもう一つ。
真ん中にくるみをのせたチョコクッキーです。

中をちょっと見てみると・・・
ハートの形をしています
もうじきあのイベントが近まってますが、それを意識したわけではないんです。
友チョコというわけでもありませんが、気になったので買いました。

パンフレットとスタンプ

道の駅の周辺も見てみることに。
東峰村役場小石原支所     役場前交差点     村の意見箱
すぐ横には、村役場支所があり、この付近が小石原の中心にあたるようです。


あっちこっち見ているうちに、こちら側のバスがやってくる時間が近づいてきました。
このあたりは、2時間に1本程度しかバスがありませんので、その時間をめがけなければなりません。
バス停名の拡大
さっきのバス停に戻り、更に南下していくことに。


関連リンク
東峰見聞録 福岡県東峰村の観光情報サイト

FC2blog テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行

【2010/02/12 21:51】 | 道の駅
トラックバック(0) |